スポンサーサイト

--/--/-- (--)  カテゴリー/スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今年の冬至は

2005/12/19 (月)  カテゴリー/湯

12月22日(木)です。
一年で昼が最も短く、夜が最も長い日といわれています。

冬至と湯治(とうじ)、体に融通(ゆず)をきかせる、といった語呂合わせで使用されてこともあるように、この日に「厳しい寒さの中でも健康に暮らせるように」と湯船にユズを浮かべて入る習慣があるのです。



冬至のユズ湯は、薬湯の王様です。
体が温まる効果
■発汗・解熱・疲労回復などの薬用効果
■湯船中いっぱいにユズを浮かべ、あのたとえようのない芳香に身を委ねるというリラックス効果
■柑橘類に多く含まれているビタミンCでお肌がスベスベになる美肌効果
とたくさんの効果が期待できます。

ユズに含まれる成分と効能】
◆クエン酸、酒石酸、リンゴ酸などの有機酸類
疲労回復、肩こり、筋肉痛を予防。
また胃液分泌の働きを助け、胸やけ、胃痛を解消します。
そして肝臓の働きまで円滑にします。
◆ビタミンC、フラノボイド
病気の原因となる活性酸素を除去する働き、抗酸化作用。
血中コレステロールの低下、抗ウイルス作用、抗ガン作用の働きをします。
◆ビタミンP
血圧低下、脳卒中や、心筋梗塞の発作予防。
◆ペクチン質(ユズの種のヌルヌルのところに多い)
血糖上昇の予防、コレステロール値のコントロールを行う働きがあります。
ビタミンCとの相乗効果で血行も良くする働きもあるので、ひいては毛細血管の働きも良くなることで小ジワを防ぎシミ・ソバカスを薄くする働きにもつながります。
◆シトラール、リモネン、ノミリン
ユズ特有の精油成分であり、抗腫瘍作用、鎮痛作用、抗炎症作用、殺菌作用の働きをします。
また、血行促進や新陳代謝促進を助ける働きもします。
◆リモノイド(苦味のもと)
抗がん作用、悪玉コレステロール抑制作用。

他には風邪、二日酔い、月経不順、膀胱炎、食欲不振、貧血…etc にも作用します。



冬至は『一陽来復』の日でもあります。つまり 陰きわまって陽が再び生じ始める 日となります。
暦の上ではこの日を境に春が近づいて来ます。転じて『悪いことばかりが続いた後ようやく好運に向かう』という意味にも使われます。
なのでもし「今年あまり良いことがなかったなぁ…。」という人は
『いちようらいふく、いちようらいふく』
と唱えてユズ湯に入り、春を待ってみるのもいいかもしれませんね♪
スポンサーサイト

テーマ : 健康ニュース - ジャンル : ヘルス・ダイエット

そのカラダ、冷えてませんか?

2005/12/06 (火)  カテゴリー/湯

第一弾は、シオナグの治療ベッドの頭上に掲載している読み物を少々アレンジして記載してみようかと…。
何度も来院されている患者さんは既読だと思いますが。



≪そのカラダ、冷えてませんか?≫


続きを読む

テーマ : 健康ニュース - ジャンル : ヘルス・ダイエット

ごあいさつ

2005/12/04 (日)  カテゴリー/ご挨拶

初めていらした方、こんにちは。
汐留名倉接骨院ホームページ管理人をしております≪ミ≫です。

何度も管理人室にいらしてる方もしくは患者さん、こんにちわわ。
シオナグ≪ミ≫です。


さて、この度『しおなぐ別館』を増築したわけですが、

今後どう進めていくかのビジョンが曖昧です。

当初からの計画通りに健康情報のみの記載に勉めていければいいのですが、
思わず脱線してしまう…などといった事態はよく有り得ます。
そんな、中途半端な情報発信雑記に仕上がっていたとしても、
心優しい皆様のことですから、
生温~く見守っていってくださることでしょう。


健康情報のみなんて言い切ってしまったら、ネタに困るのはミエミエなのですが、

極力ネタ探しに奔走していきますので、

マメなチェックのほど
よろしくお願い申し上げます。
20051204.jpg

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。