スポンサーサイト

--/--/-- (--)  カテゴリー/スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

そのカラダ、冷えてませんか?

2005/12/06 (火)  カテゴリー/湯

第一弾は、シオナグの治療ベッドの頭上に掲載している読み物を少々アレンジして記載してみようかと…。
何度も来院されている患者さんは既読だと思いますが。



≪そのカラダ、冷えてませんか?≫




猛暑と言われた夏も終りいよいよ秋。
そして近頃は、めっきり冷え込んできてすっかり冬本番です。

涼しく過ごしやすい秋は気が付いたら終わっていて、
残されたのは
体が重いだるい、なんだかすっきりしない‥などといった夏の疲れの忘れ物…
ではないでしょうか?


地球上の生物は、気圧の変化をうけて生きています。
もちろんヒトも例外ではありません。

昔だと
「冬場は寒いから、冷えてアチコチが痛いわ…」などとお年寄りがよく口にしていたというイメージがありますが、
現在は
夏場の『冷え』による若い方の痛みの訴えを多く聞きます。

それは何故か。

冬場は
外気も冷たいため
温かいものを食べたり
お風呂でよく温まったり
重ね着をしたり
と、
なにかと対策をたてるのですが、

夏場は
外気の猛暑のため
冷たいものを飲み過ぎたり
湯船に入らずシャワーだけだったり
冷房のキンキン利いた部屋で薄着でいたり
と、
体温を保つ策が一切たてられていないことが多いからです。対策どころか、あえてそうしている方がたくさんいらっしゃいます。


ヒトは恒温動物なので、あまり激しい温度変化には耐えられないのです。


日常の様々な工夫なくして厚顔に過ごしていると、
外気の温度差によって疲れ(肉体的・精神的)が溜まり、
体の機能を低下させ、
睡眠障害こむらがえり肩凝り腰痛むくみ肌荒れ生理不順食欲不振胃腸障害便秘…など、
あらゆる体の不調につながりやすくなります。


最近は日中は陽がさせば暖かいですが、朝晩はとても冷え込むようになってきました。また空気も乾燥しがち。まさに冬到来です。
鼻や喉に不調が出やすくなり、このような体調ではこれから本番の『冷え』に対しての抵抗力も落ち、風邪にもかかりやすくなります。
 
夏の疲れを解消して『冷え』に強い体をつくるためには、適度な運動や半身浴を行って、夏の間に体に溜まってしまった老廃物を排出してあげましょう。また疲れた体にしっかり休息を与えて、リラックスしながら体を癒してあげることも大切です。 
手軽に今日から実践できること、             
                                  
一日の終わりに溜まった『冷え』『疲れ』
リセット
しましょう

それにはゆっくり入浴すること



を、オススメします。体を芯から温めるためには『半身浴』が良いでしょう。
ぬるめのお湯につかってみましょう。
42度以上の熱いお湯では短い時間しか入っていられませんが、ぬるめのお湯ならゆっくりとつかることができます。

レトルトカレーを食べるとき、
ゆっくりクツクツと湯煎をかければ全体がしっかり温まるのに、
焦って電子レンジでチン☆器だけが熱くなってカレーは冷たいまま…

なんて経験をしたことはありませんか?

入浴も同じことが言えます。
「熱い湯にザブッっと入るのが江戸っ子でいっ!!」
なんて入り方だと、外側だけが熱く感じて中は冷たい…。
確かにサッパリはしますが、それだと芯までは温まってはいないのです。

末梢血管まで温かい血液を行き届かせるには、体内を何周も巡らせねばならないということ。
全身にくまなく温まった血液が届けば、血行不良や自立神経の乱れも改善され代謝もよくなります。
自然と発汗が促され、普段汗をかかない人でも体内の老廃物を排出することができます。                                                        

入浴前に必ずコップ1杯以上の水を飲みます。
これを省くと体内の水分が発汗により減少し、血液がドロドロになり血管塞栓などの恐れがあります。

39℃~41℃くらいの(季節に合わせて)ぬるめのお湯に20~30分、じっくりとつかります。
お湯に入れるのはみぞおちから下。
このとき手はお湯に入れないのがポイント。
そして冷えないように、肩にはタオルをかけておきます。乾いたものかお湯を浸した(冷めていなければ)ものがいいでしょう。
お風呂用のイス(きれいに洗ったもの。もしくは専用に100均などで購入するのもいいでしょう)を浴槽に入れに腰掛けたりすれば楽な姿勢で入浴できます。

口にお水を少量含んであげると、どんどん汗がでてきます。
二度三度新しい水を含んで出す、のを繰り返してみましょう。

バスルームから出る時は、手足に水をかけておくと熱の発散を抑制できます。


これを読んだ 今晩から実践 してみましょう!

テーマ : 健康ニュース - ジャンル : ヘルス・ダイエット

この記事へのコメント

v-222はい

きょこ | URL | 2005/12/07 (水) 17:14

コメントありがとうございます。

v-222はい。」

……。
それは、実践宣誓の「はい。」なのだろうな…と、受け取っておきますv-389
お忙しいでしょうけど、御身お大事になさってください。

≪ミ≫ | URL | 2005/12/07 (水) 17:21

そうですか、知らなかったヨ!

今夜からお風呂場に冷水を飲むためのコップを用意します!

頑爺(頑固な爺です) | URL | 2005/12/15 (木) 20:56

不思議なことに・・・・・!

冷水を口に含むとムゥ・・・?
不思議な事に頭頂部から徐々に発汗し額から顔面へと広がって行くのが確認できました。特に小生の頭頂部は敏感ですからネ!

頑爺 | URL | 2005/12/21 (水) 22:05

いいですね

水を口に含んであげると、体が安心して発汗しだすのですよv-360

≪ミ≫ | URL | 2005/12/21 (水) 22:08

コメントを書く

装飾
管理人にのみ表示
 

この記事へのトラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。