スポンサーサイト

--/--/-- (--)  カテゴリー/スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あなたのクビは?

2006/02/08 (水)  カテゴリー/温

三寒四温と言うほどではありませんが、日中は暖かい日がちらほらあったかと思えば、朝方や夕方からはしんと冷え込みがまだまだ続く油断できない時期。


最近…
くびの痛みを訴える患者さんが激増しております。激です。
揃いも揃って、くびです。

おそらく原因は、

年末の多忙
正月休み中ののんびりテレビ鑑賞及び長時間の乗り物
先月の降雪後の凍結した道路を歩行
連日の冷え込み

によるくび周辺の

極度の疲労
極度の緊張
極度の冷え

ではないかと。

ほどんどの方が寝違え症状を引き起こし、当院に駆け込んでいらっしゃいます。


ずっと同じ姿勢でのパソコンワーク、車の運転…
ころばないように緊張しながらの凍結路での緊張歩行…
冷たい空気が襟元から入るとクビががすくむ…

これらが為に
⇒クビ周辺の筋肉が疲労で硬くなり冷えて硬くなる
⇒ふとした拍子に傷めてしまう
という順をたどるのです。

こうならない為には

★硬くならないようにマメにストレッチをする
★入浴時によく温める
★くび周辺を冷やさないよう努める

という予防をきっちりすること。

しかし、患者さんのお話を伺っていると最後の『冷やさないよう努める』ということが一番怠りがちのように思われます。
お出かけ時にはマフラーをあご辺りまで巻いてあげたり、あまり襟元の開いた服は着ないなどもありますが、うっかり見逃しがちなのが、

就寝時。


寝始めはきちんと布団をかけていますよね?寒いから。。。
がしかし!(当然ですが)寝ている最中の意識はありませんので、その間ご自分のくびがどうなっているか知る由もありません。

大抵の場合が、
⇒寝返りをうつことにより
⇒布団から肩口が出てしまう
⇒一晩かけて冷えてゆく

…知らない間にフリーズアップです。


そ・こ・で!
このしおなぐ別館を閲覧していらっしゃる方だけに特別に!
就寝時のくび冷え防止テクニックを教えちゃいます!!!
(とは言っても、来院されている患者さんにはいつもお話していますが…)











くび元に何か巻く です。

眠っていて邪魔にならなければタオルでも良いですし、和手ぬぐいでもOK。スカーフなどがベストではないでしょうか?

初めはうっとうしいかもしれませんが、慣れれば温かくて快適です
「だまされた!」と思って一度試してみてください





傷めてしまったくびは、直ちにご連絡してくださいね

テーマ : 冷え性対策 - ジャンル : ヘルス・ダイエット

この記事へのコメント

コメントを書く

装飾
管理人にのみ表示
 

この記事へのトラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。